FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9-10月和歌山】オフ会のお知らせ

sketch-1494331156630.png

オフ会また開きます。

9月か10月の土曜日から日曜日です。
場所は和歌山県の某野天湯。
我々は土曜日の昼に出発して夜到着、一泊して次の日の朝から昼にかけて、野天湯をめぐります。

前回は一人オフになっちゃいましたが、今回はいろんな人と行きたいです。

興味のある方はレスかメッセージ下さい。
日曜日だけの参加でもOKです。
スポンサーサイト

自作小説「終末カグヤ」④



まだ竹林にいるようだと、女は思った。八畳一間ほどの男の室の中は、なだらかな縞模様の影を床に彩る竹細工で満ちていた。竹入りのランプ、竹のランプシェード、竹の本棚と机、いくつもの竹を高く低く組み合わせて作った、木琴のオブジェ。竹林の、冷涼なうす緑色の匂いが、いつもしていた。気を引くのは、部屋のあちこちの竹籠に入れられた、竹の皮の細工物だった。食器や、小さな物入れ、……今男がつくっているのは、竹皮のばれんだ。男は、二こ縒りの具合を、目を細めランプの光にさらして見た。それから二こ縒りをあわせて、四こ縒りをつくりはじめる。

自作小説「終末カグヤ」③

「……何時何分に、那覇市に日が昇りました、長崎市に日が昇りました、岡山市に、鳥取市に、大阪市に、名古屋市に、群馬市に、新宿に、……全部昇り終わったら、『日本列島は、今、光の中です』って言うんだ。俺は、それが好き」
「うん」
「それで、その合間に、詩をやるの。有名な詩とか、寮みち子って作家が書いた詩とか、……このラジオじたいがさ、その作家が書いてるんだっけか? ラジオの話もかいてるひとだから。とにかくそういうのの、ボット。いまはその局はないし、そこに人もいないだろうから」
 ボットは、ロボットのこと、と女にも何となく伝わる。いまはないラジオ局の放送に似せて、過去に録音された〝セントギガ〟を自律的に繰り返す機械仕掛け。男の言う通り、その局にはもう誰もいないだろう。建物の形をしているかどうかも怪しいかもしれず、また建物はあっても屋根は失われて、赤く重たい鉄塊になった機械たちと捻じ曲がったマイクたち、取れて中のバネがのぞき、そのバネもろとも朽ちかけたボタンたちがあって、尖った壁先から長い沈黙と、夜ごとの星の運行とが見えるのに違いない。
「この電波、どっから来てるのか知らないんだ。どっかの誰かが、これが好きだった奴が、自分でプログラムしてボット造って、流してる。……でも遠くはないどっかから、ずっと聞こえてくるんだ」
「うん……」
 男は、二こ縒りを、十数本編みあげていた。ほどけないように強く、けれど細工しやすいようにかすかの遊びを入れて。天井から太い竹編みの鎖で吊り下げられた、掌大の球形のガラスのランプは、上蓋にLEDを取り付けた仕様で、ランプの下部分は小さな苔の山になっている。苔の山の頂上には小さな竹の盆栽が二、三本植えられ、男が日に二、三度遣る霧吹きの水で潤って、活きている。

修正後2

自作小説「終末カグヤ」②

――明石市が、六時になりました。
 つけっぱなしのラジオは、時々、橙色のボタンを危うそうに点滅させながら、山を谷を上下する電波をひろい、さびた銀色のボタンの指した曲を受け止め続ける。ちょうど、男が、山にひとにぎり残ったカシロダケの林の頂から降りてくるタケヤネの欠片を拾い上げ、ひとつひとつ伸ばし、乾かし、紡ぐように。
「これは、なに?」
 女は、言葉を失った人のように、一時間近く麻のむしろの上に胡坐をかいて作業する男の手元を見つめ続けていたが、ラジオの時間が六時五分になったとき、質問した。女の口元に溜まった憂いが、影の中にはたはたと零れた。髪は長く黒く、腰まであり、まっすぐだった。腰に麦わら色のベルトをして、襟と裾を銀色で縁どった白いワンピースを着ていた。足は、波間を歩いて来たように、裸足だった。二本的な一重瞼の、整った貌は、まだ二十歳をすぎたくらいに見えた。男は、自分の手元から目を離さないまま、応えた。
「〝セントギガ〟のボットだよ」
「……?」
「ずーっとむかし。〝セントギガ〟って番組があったんだ。時報の一種なんだけど、こうやって二十四時間、日の沈むところや日の昇るところや、……新幹線が動き始めるところや、人々が子午線の順番に目を覚まして、朝の支度したり出かけたりするとこをさ、……それとも日が沈んだり眠っていったり……、そういうのをさ。言い続けるの。ずっと」
 女は、耳を傾けて聞いているうちに、男がいま流れているラジオについて答えていることがわかって、肩を少しすくめた。彼女は男のしている作業について質問したつもりだったが、男は「それ」の指す対象も訊かずに、一方的に返答をする。この男にはそういう、ざらっとした、ぞんざいなような不器用なようなところがあった。

修正後1

自作小説「終末カグヤ」と屋外ヌード①

新コーナー。
私の書いた小説に、小説をイメージした私のヌードをつけて、これから連載していきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

終末カグヤ

――五時三十六分。北海道・釧路市に、太陽が昇りました。
――五時四十二分。北海道・稚内市に、太陽が昇りました。
――日本列島は、今、光の中です。
ラジオから聞こえてくる、平板な、けれど静謐な女の声は、男の耳朶にふっと瞬きかすめてゆく、明滅する蛍のよう、淡々と鳴る風のようであって、男は指の芯にしなやかな力を込めて、竹皮を巧みに細く、細く編んでゆく。よく乾かされたその竹皮は、ピーナツ色に近い白みを帯び、繊細な糸状の艶のあいだにほんのかすか、薄い斑をいくつか含んでいる。薄皮を伸ばして、金属製の串のような刃物で正確に裂いてある竹皮の紐を、まずは二本、ふたつ編みにして小指の四分の一ほどの太さの〝二こ縒り〟をつくる。その二こ縒りを二本、編むと四こ縒り。その四こ縒りを二本、編むと八こ縒り。こうして、竹紐はだんだん太くなり、様々な部位の材料として適するようになっていく。その基本となる二こ縒りは無論、最も多く数のいるものだ。男は今、二こ縒りの端を古い竹の胴に釘を打ち、曲げてフックにしたものへ結び付けて、それを編んでいる。一本が終わると、また一本。もう一本。それから、もう一本。

S1070018.jpg

ひとりオフ会

お久しぶり(*`・ω・)ゞです!しばらく体調の加減で更新ができずゴメンナサイ<(_ _*)>

今日はオフ会の企画の日!だったのですが、日程の都合でひとりオフ~「かもきみの湯」に行って来ました!

7009.jpg

とにかく暑~い夏の日差し。

vs170807-013.jpg

お風呂の中にも日射しが……。でも爽やかな雰囲気が漂ってます。湯質はさらっとして透明ですが結構成分濃そう。

vs170807-014.jpg

ゆっくりと腰かけるのもいいですね!

vs170807-011.jpg

開放的な作りなので、天窓や上のほうの換気窓からめっちゃ外の声とか聞こえます。
のどかですね~。

vs170807-010.jpg

歌なんか歌っちゃったりして。

vs170807-007.jpg

暑さでちょっとのぼせ気味でしたが
、楽しいひとときでした!

追伸:今後、お写真と文章(創作小説とか)を載せたりなんかするコーナーを始める予定です。そちらもよろしくお願いします(^-^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。