FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさぎ作小説「終末カグヤ」⑩とあさぎ屋外ヌード

修正後5

行こうか――と、榊は旅行鞄くらいの大きさの竹編みのバッグに、自分の造った細工物を無造作に入れて、外へ出た。トモカは少し体を固くして、裸足の足元を気にしながら扉をくぐる。室の中はやはり暗かったのか、強烈な陽光がトモカの瞳を直撃して、しばらくハレーションが視界を塞いだ。ふらつくのをこらえて、かざした指の間から榊を見ると、榊は上り口の板の上を指差していた。見ると、室にあった弁当箱や小物入れと同じように、竹の芯に皮を巻きながら編んで小判状にし、更に底をもう一重の竹皮編みで補強した草履が置いてあった。「足のサイズ、それでいい?」と、質問されて、トモカは「う、うん、」と、履く前に返答していた。実際、履いてみると、足の親指の間がくすぐったく擦れたが、踵はちょうど、外周の少し内側に来た。
「昨日、あんたが寝てる間につくった」
 と、まんざらでもなさそうに榊は言い、戸を閉めた。鍵は、かけない。トモカが改めて見返ると、家は何百年も前から日本にあるかたちの山小屋で、右の脇に井戸があり、鶏が一羽、くっくと喉を鳴らしながら走り回っていた。雌鶏らしい。トモカは昨日の夕食の増水に入っていた卵を思い出した。一羽しかいないようだから、卵は一日にひとつだろう。それを惜しげもなく、結構な分量を自分に与え、特別な風も見せなかったのだと、トモカは思った。
 目の前には、山笹が群生する間に見え隠れする獣道があり、猛々しいほどの緑の香が押し寄せてくる。真上の空も、広葉樹の間から申し訳程度に覗いているだけだ。歩きはじめても、深山に、二人のたてる足音以外の音は無かった。
「……いないね」
 トモカは、抑圧された子どものように、おずおずと囁く。「言っただろ」榊は抑揚なく応じ、マイペースに歩いていくのだが、よく見るとトモカの邪魔になりそうな枝や突起を踏みしだきながら道を選び、後ろへ気をつけているのが分かった。トモカは無心に、榊の背を追った。熊笹は微風にさざめき、さりさり、しゃらしゃらと鈴の群になった。やがて、風の向きが変わったかと思うと、唐突に森が開けた。
「……」
 トモカの足は、思わず止まってしまった。森の小路の脇は開けて、展望のある崖になっていた。その展望が、心を射て、動きを忘れさせてしまう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。