FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさぎ作小説「終末カグヤ」⑬とあさぎ屋外ヌード

S1070001修正後

それから二十分ほど、足裏を押しあげる豊穣な土の響きだけ感じながら、坂を下った。手造りの草履は、土を踏みしめるたびに、ほどよい弾力をトモカに返してきた。傾斜は徐々に緩くなり、平坦に変わった。
 里野には、干上がった小川が、無残な黒い溝になって道と平行にくねっている。遠くに、住宅街の痕跡が、真昼のか細い幽霊になって、立っていた。そのもっと奥にある、灰色の荒れ果てた墳墓は、都市の残骸だろう。かつては摩天楼といわないまでも、ビル風を巻き起こし、陽に輝きながら通勤する者たちを見下ろしていただろうビル群は、山たちと同じようにえぐり取られ、破砕され、割られているようだった。真昼の月晶を砕き散らした眩い風が、トモカの体をやさしくなぶった。
 その遠景がはっきりするくらい近づいたあたりで、榊の姿が不意に消えた。「えっ」とトモカが凍り付いていると、道の脇に密集した草の間から、榊の手の先がひらひらと揺れ伸びてくる。「こっち」と、その手と声に導かれて覗き込んでみると、道の脇に深い溝があり、かつては農業用水か何かを流す小川になっていようだった。草が伸び放題になっているために、溝自体が隠れて見えなかったのだ。トモカは恐る恐る、榊の手が出ている脇へと脚を下ろしてみた。草の間から見える榊の目に、「大丈夫、そんなに高くないから」と促され、重力にまかせてみると、足首や膝を三角形の草っぱがこすりあげて痒くなったと同時に、足が下へついた。
「……あ、こんな」
 懐かしい、と口走りそうになって、胸を押さえる。頭は何も思い出せないのに、甘やかな心地を、鼻や皮膚が記憶している。すぐ前の溝の壁には、腰をかがめれば通れる小さなトンネル。水位の調整用だったのか、色の剥げたハンドルが、機能を喪失したまま退屈げに入り口に突き出ている。
「君もガキの頃やった? こういうの。秘密基地」
「うん、そんな気が……する。たぶん。わくわくした、こういう場所見つけると」
 自分だけ、または自分と仲間だけが知っている小さな場所を作って、好きな本とかおもちゃとか持ち込んで、遊ぶんだ――家でやればいいようなことでも、どうしてだかその場所ですると、ぜんぜん違った……。そうトモカは考え、その半分くらいを話した。榊は目を、細く消え入りそうにした。「えっ?」トモカが怪訝な顔をすると。榊はうなずいて、答えた。「あんた、やっと笑った。よかった。笑えないのかと思ってた」
 トモカは、自分の頬を触ってみた。無意識に広げた自分の笑みが、少し窪んだ。

##########################################

ご意見、ご感想。
お待ちしております。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。