FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさぎ作小説「終末カグヤ」⑮とあさぎ屋外ヌード

DSC_0071.jpg

 視線、幾十もの虹色の眼が、トモカに集中した。久しぶりに思える感覚、思わず背中が強張る。彼女を〝視た〟のは、トンネルの壁面にびっしりと貼り付けられた刷絵だった。半数ほどが墨一色で刷られていたが、残り半数は例の絞り染めの素と同じなのだろう色絵具が使われていて、それで頭上までも色彩の渦なのである。絵は全て異なる人物の顔だった。記念館の壁のような、目眩がするほどの顔・顔・顔――。
眼差したちから逃げるように壁の際へ視界を下げると、彫りさしの木版がうず高く積まれ、丸かったり尖っていたり、粗かったり繊細だったりする木屑が、秋の野の小路に似て散乱している。卯野は、その傍で、既に作業を始めていた。A4サイズの木版に半紙を重ね、円の動きで竹皮のばれんを滑らせていく。じゃかっ、じゃかっ、じゃかっ、と、小気味良い中に柔らかな韻のある音が、辺りの静寂に馴染んで広がった。榊は具合を確かめるように、その後ろへ立って覗きこみ、絢子は色跳ねだらけのボウルに入った色墨を太筆で掻きまわしている。「……誰の、顔なんですか?」紙の裏に、遠い思い出のようににじみ透ってくる輪郭を、トモカは見つめた。卯野の、関節に毛が生えた色黒の指は、爪を均等に白く光らせながら紙の表に弧の軌道を連ねている。
「わからない」
「知らない、人?」
「そう。写真に知らない間に写り込んでたり、新聞やニュースの画面の背景にいたり、卒業アルバムとかで全然知らない後輩とか……。さあ、できた」
 首を傾げるトモカの前に、版から剥離された女の顔が、墨の匂いを放って現れた。写真のように緻密な画線、けれど卯野の体のわずかな力加減や震えを伝えて、線は流れ、線は走る。髪が短く、まなじりに皺と歪なほくろがある。四十歳くらいだろうか。涙袋が大きくて、肩が骨ばっていて、口は、神様が申し訳程度に書き添えたみたいに小さい。勿論、知らない女性だった。こんな人が、なんでもないいつかの日に、公園で子どもと遊んでいた気がした。買い物をしている時、後ろを通った気がした。
「どうして、知らない人を描くの、……ですか?」
 卯野の目の優しさにつられて、思わず友達口調になり、敬語を不自然に付け足す。卯野の顔は、手応えある出来だ、というように榊に頷きかける。
「どうしてだろうね。でも、何もかもがなくなっちゃってから、無性に描きたくなったんだ。人の顔が。……当たり前のことだけど、同じ顔の人は二人いないし、二度と現れない。似てる人はいるけどもね。ここにある顔も全部そう。全部、僕がどこかで会ってた人達なんだよ。人間が何十億もいた中で、一瞬でも会うことができる人は少ない、……はずなんだ。けど、覚えてなかったんだね。僕は毎日、無造作にその顔たちを捨ててた。だから今は、拾い直そうって思ったのかな。僕と一緒に生きてた人の顔を」
 横合いから聞いていた榊が、改めて、壁と床にある絵の顔へ視線を送り返す。トモカの目もそれにつられ、後を追った。張り重ねられた人間の顔の銀河が、電気の呼吸に合わせて、ほの暗い天井でまたたいていた。「今は、いるかもしれないし、いないかもしれないね」と、卯野は言い継いだ。
「どこかで一緒に、同じ朝日と夕日とを見ててくれると嬉しいんだけどね。でもきっと少なくても、半分くらいはいなくなってるだろうなあ……。その中で、お葬式とかしてもらった人は、どれくらいいるんだろ。知っている人に悼まれてるといいな。僕なんかに何が出来てるかって、そんなことは言えないけど、せめて顔を書くことで、遺影の代わりになってくれるといいんだけど」
 遺影、――という言葉が、トモカの胸に水滴のように落ちた。地下の、埋め立てられた川たちや、廃棄された水処理場から繋がって、足のずっと下でいつも鳴っている水脈の漣が、それを受け止める音がした。
「僕は確かに、この人たちを知らない。でも、絵に描かせてもらう時、なんとなく感じられる気がするんだよ。ほんのちょっとした皮膚の張りとか、凹凸とか皺とか、汚れとか傷とか、表情の感じで……。人間って不思議でね。例え初対面で、ひとことも喋らなくても、本気で見つめてただ、ただ描けば、絵が自然に表してくるんだ。時には、その人自身も知らない部分さえもね。実際やるまでは、知らない人なんて描けるのかな、って思ってたけどね。描いてはじめて、それがわかった」
 卯野の実感を裏付けるように、絵の女の切れ上がり気味のまなじりと、ふくよかな涙袋にほんの少しかかる影は、無言の強い自律性と、やさしさと、凛気のある存在感を漂わせていた。わたしは、……トモカは半分目を閉じて、まなうらの記憶を探った。顔。空白を引っ掻いて、傷痕を作って光が消えていく。誰かの顔が残酷な焼印のように、痛ましい桃色のケロイドのように、そこの奥に刻まれてある。チリチリと腹の底から体が焦げてくるようなのに、その目も、その額も思いだせないのだった。ただのっぺらぼうの化物が、狡い笑みを浮かべて、深い穴からこちらを見ているのだった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。